IMG_1945

心技体

仕事が落ち着いてきたこの頃。 オープンからのドタバタでまともに挨拶に行けていなかった人の所を 尋ねたりしました。 もちろん、進行中の案件はありますが、キンキンの納期に迫られていない 開放感を味わっています。 このペースが続きすぎても色々焦りますが、、 看板に偽りなしというか今現在も空手の稽古に励んでいて 来月末は東京で全国大会へ出場する予定です。 といっても、団体戦への参加でメンバー選考にもギリギリで 拾っていただいた感じなのですが、東京自体行くこともなかなか ないので不安ながらも楽しみです。 自分は20才から空手を始めていて、競技としてやるのにはとても 遅い方なのですが、やりはじめの頃はとにかく筋トレをやってました。 心技体でいうところの「体」から入ったってところでしょうか? 若さもあり、イイ体になってモテたいとか、喧嘩強そうにみられたいとか(実際はほとんどしたことない) 不純な動機もたくさんありました。 だけどそんなことで空手が強くなるわけもなく。 たいした運動神経もないので、出る大会出る大会、負け続けましたが、 技が一本だけとれるようになったり、できなかった技ができるようになったり、 自分の成長がなんとなく実感できたので、ひたすら地味に基本稽古を重ねました。 「技」と「心」を磨いてきたかんじです。 20代も後半になった頃に、ようやくその三つが少しずつバランスがとれてきたような気がして。

とあるプロダクトのデザインを やらせていただくことになり 作ったのが画像のタイポグラフィー。 販売経路を考えると、雰囲気が合わないかなと思いボツにしました。 デザインでは「体」=「デッサン力・造形力的な基礎」、「技」=「得意分野」(イラスト・タイポなど)の能力 って感じでしょうか?「体」はもちろん、「技」。自分はこれ!!みたいな強みをがっちり 掴みたいなーー、なんか欲しいなーーと日々思っています。 「心」は相変わらずへっぽこですが、 きついことも難しいことも楽しめるように やっていけたらいいなと思います。